2018年、リアルな世界とデジタル世界間の境界はますますぼやけてきています。今日のビジネスは単にリアルな世界だけで運営されているわけではありません。コネクテッド技術の出現で、すべての企業は大きい小さいにかかわらず、デジタル機能を持っているといえます。デジタルな世界の出現でより コネクトされ、より迅速な意思決定が可能となります。しかし、サイバー空間の広がりは、多くのリスクをはらんでいることも事実です。

つまり、これらのサイバー脅威から身を守ることが急務となっています。鉄壁の防御 体制を構築することは、長期的には必須ですが、ビジネス上ではもっと重要なファクターを見落としてはなりません、それがバックアップです。

しばしば、ネットワーク管理者は、間違った信念に基づき、バックアップすることに注意を払ってきていません。実際、データ流出は深刻な金銭的被害をもたらしています。2014年、EMCが発表したレポートによると、インドにおけるデータ流出とダウンタイムによる被害は、年5400万ドルに達していた、ということです。もしこうした数字がおおげさとしても、レポートされたのは4年前でこの数字なので、、それからサイバー攻撃の数が増加したのは間違いないことです。つまり、データ流出の原因は実にシンプルなのです:、

マルウェアによる攻撃

最新のウィルスやマルウェアは日々作成され、すべての企業が危険にさらされています。マルウェアはビジネスに不可欠の重要なデータを破壊し、消去します。最新のランサムウェアの傾向は、データセキュリティの重要性を際立たせています。ランサムウェア攻撃は身代金の要求リスク時に、重要なデータにアクセスできないなど企業に損害をもたらしています。

自然災害:

火事や台風のような自然災害を予見することはできません。これらの災害はデータの莫大な損害をもたらし、いつ発生するかもわからず、企業のサーバや組織体をも吹き飛ばしてしまいます。同時に金銭的損害もばかにできません。アメリカでの2017年の自然災害による被害額は、3000億ドルに達しています。

過失/故意による消去:

データ流出は、常に自然災害やランサムウェア攻撃のように大規模に起こるとは限りません。時々データの消去などシンプルなものです。手順をしらない社員は間違って重要データを消去してしまうこともあります。または悪意ある社員が故意に同様のことをするかもしれません。

デバイスの欠陥:

上記から引き続きとなりますが、データ流出は時々デバイスの欠陥に起因して起こる場合もあります。つまり、多くの企業ではマシンを使い、そのマシンの寿命は短い。ハードディスクは時々格納されているデータごとクラッシュしてしまいます。

これらに対処する方法としては、バックアップなのです。しかし、それをどう実行するかが大事です。多くのセキュリティのプロは3-2-1バックアップストラテジーを推奨しています。つまり:

  • 少なくとも3つのコピーを用意しておけば、ひとつが破壊されても残りでカバーできる
  • 異なった2つのフォーマット(クラウド上、ディスクなど)にデータを格納すること
  • 自然災害から守るために、企業内違うサイトにコピーを格納しておく

企業はDRとしてDRaaSを検討すべきです。これはレプリケーションを用意し異なる場所に物理的、バーチャルサービスにデータを補完することを意味します。この2つとも異なるアプリケーションとかクラウドを指します。また物理的に離れた場所を指すこともあります。クラウドベースのバックアップサービスは、災害時に企業が早急に立ち上がることに役立ちます。

ビジネスでは、フルバックアップか部分的バックアップを選択します。フルバックアップは全体的にコピーをするので、経済てきです。部分バックアップは、最終更新日からの差分だけをバックアップするなどを意味します。差分バックアップは、スペースを省