インド連邦政府は、「インド1兆ドルデジタル社会」に向けたロードマップ作りについて、産業界との意見交換を行いました。Quick Heal Technologies LimitedのCEO、Kailash Katkarは、電子工学情報技術省主催の、このハイレベルミーティングに、特別顧問として招聘されました。Quick Healは、サイバー犯罪撲滅や、進化し続けるサイバー脅威の的確なソリューションを開発するため、インド連邦政府とさまざまな活動を行っています。

以下は、インド連邦政府と進めている、Quick Healの様々な取り組みと、安全なデジタル化社会建設に関するKatkarのコメントです。

この「デジタルインド」構想は、インドをサイバー攻撃にも耐性のある、デジタル化社会に変革するものです。連邦政府の尽力により、インドにおけるデジタル適応力は、格段のスピード感をもって進展してきています。ご存知のように、インドは、5億台に達する、世界第2位のスマートフォン市場となりつつあります。我々は、加速度的に進展するこのデジタル化社会に向けて、セキュアな環境作りに取り組む、政府の支援に感謝します。