企業の大小を問わず世界中でサイバートラストの重要性についての認識が深まってきています。デジタルの世界では、テクノロジーだけがフロンティアを開拓でき、サイバートラストは差別化のキーになります。セキュリティ事件はもう当たり前のことになりつつあり、マルウェア、ランサムウェアフィッシングはもはや毎日聞く単語になりつつあります。

これらのセキュリティ事件はの衝撃は、甚大であります。企業ブランドは影響を受け、顧客の信用はがた落ち、法的責任にまで波及します。SMBにとって、セキュリティ事件の衝撃は、どんなに長年業績を上げ続けていても台無しにしてしまいます。そのような場合、大企業ならばそのような状況を避けるためにハードワークで乗り切り、顧客やステークホルダーの信用を勝ち得ることは、容易なのかもしれません。

EPS-シンプルでいて複雑なプラットフォームを提供

ひとつの特別な方法として、大企業は顧客にサイバーセキュリティをコミットし、彼等のエンドポイントをセキュアにします。SeqriteEPSはシンプルでいて、複雑なプラットフォームを提供します。世界的規模の保護技術で用意に防禦を行います。それは、ウィルス、マルウェア、データ流出、許可されないデータの移送、悪意あるwebサイトを防御して、企業のセキュリティを担保するのです。

重要なことは、いくつかのエンドポイントセキュリティのキーになる機能には、流出防止、アドバンスドデバイスコントロール、資産監視機能があり、それらは企業内のセキュリティ装置を強化するだけではなく、社員に信用を取り戻させるのです。これはk業に顧客の心に響き、ブランド価値を高めることにつながります。

さらに読む:スタートアップ企業におけるデータ流出のインパクト

以下はEPSのキーとなるいくつかの機能の詳細になります

  • ランサムウェア保護:EPSはリアルタイムにランサムウェアをスキャンし続けます。Seqriteのふるまい検知がこれを実現します。つまり、これらはシステムにダメージを与える前に、無害化させます。モニタリングは、内蔵されたバックアップ、リストア機能を使って、既知のマルウェアをシグネチャベースで検知するものです。
  • ローミングプラットフォーム:これはローカルネットワークの外にあるエンドポイントでさえも、企業は管理対象にすることができるおというユニークな機能となります。多くの企業は社員に異なったロケーションから業務をすることを推奨しています。これらのオプションは、生産性の向上の一助となっていますが、セキュリティリスクも常に付きまといます。しかし、EPSはローミングプラットフォームを含むリスクを最小化させます。管理者は最新の状況を見、ポリシーを適用し、クライントをリダイレクトし、コンプライアンスを維持します。
  • スキャンとパッチの適用:SeqriteEPSはアプリを監視し、検知。システムの脆弱性を見つけ出します。これらの機能は欠落しているパッチインストールすることで、修復可能です。この機能の利点はシステムマルウェアの攻撃に対する脆弱性を最小化させ常にシステムを最新の状態にしてくれます。
  • DLP:データ流出はリムーバブルドライブ、ネットワーク、さあざまなアプリを通じてシェアされる機密情報やユーザ定義したデータをモニタリングすることで防止することができます。これはビジネス上の秘匿事項の流出を防止します。保存データもエンドポイント、リムーバブルデバイスでスキャンされますから、流出に対して追加の防御レイヤーを施したことになります。この機能はビデオで説明しています。
  • アセットマネジメント:EPSによってモニタリングされるエンドポイント上のソフトウェア、ハードウェア(の変更)を見える化します。これは企業のシステムに変更があった場合に管理者はすぐにわかるようになっています。このアセットマネジメント機能は企業に悪意あるアクティビティがあればこれを検知します。しかも初期段階で検知できます。
  • これらのほかにも、EPSはファイアウォール、IDS/IPS、ポートスキャン攻撃防御、DDOS攻撃防御、などの特別な機能もあわせもっています。多層防御を提供し、業界標準のレギュレーションにも準拠していますので、企業内のセキュリティを維持することで、企業のブランド資産を維持拡大することができます。