複雑なITアセットマネージメント(ITAM)は、企業内の資産やデータをカバーする文書化されたIT環境を正確に見える化します。これはだれが所有者で社内ネットワークにわたるセキュリティとリスクにハイライトを充てることができます。これは様々な部署、オフィスの所在地間の再配置のように、ソフトとハードに関するクリティカルな決定の手助けになります。またこれは、組織が自社システムをより効率的に管理できることや、不要な資産の購入に当たっての無駄な時間と費用を減らし、現在所有する資産の有効活用させることができます。多くの企業がアセットマネージメントの導入に難しさを感じていますが、組織全体の資産の計測化できるようになるのです。機密情報が格納されているIT資産を把握するだけではもう時代遅れなのです。

アセットマネジメントの必要性

今日の世界では、クラウドコンピューティング、仮想化、IoTなどのテクノロジーやBYODのようなコンセプトやモバイルの脅威が増大してきているので、エンドポイントセキュリティは、資産をプロテクトすることも求められてきています。社員もこまめに未使用時点ではログオフし、最新のセキュリティパッチやアップデートをすることが大切です。デバイスの再イメージング、ハードウェアのリプレイス、OS再インストール、ディスクのフォーマットはクリティカルな自体になる可能性もあります。これらの状況は「隠れエンドポイント」を生み出し、社内への脅威、ウィルス攻撃やビジネスに被害をもたらす脆弱性の扉になる可能性があります。スマートフォンやラップトップPCのようなデバイスはリモートから社内ネットワークにアクセスできるので、IT資産に脅威を与える入口としてふるまってしまうことにもなりかねません。

SeqriteEPSでのアセットマネジメント

ビジネスのニーズやテクノロジーの電撃的な変更のために、ダイナミックかつ強力なITアセットマネジメントは戦略的なツールになってきています。ワンストップソリューションは自動化機能でもってソフト、ハードウェアのインベントリ維持の様々なプロセスを円滑にします。SeqriteEPSは、すべての接続されているエンドポイントの内部を見える化し、より良い資産管理を実現する完全なパッケージを含んでいます。EPSは個々のエンドポイントの状態をモニタリングし、レポート化します。もしランサムウェアのインシデントが発生すればそれをハイライトし、感染した端末の%を表示し、何台がプロテクトされていない端末なのか、インストールに失敗したのは何台か、脆弱性の詳細をレポートします。DLPはもう一つの重要な機能です。これはいかなる漏えいをも防御して、機密データを守るツールになります。Seqriteアンチウィルスをリモートから特定のマシンやドメインに配備したり、マシンをアップデートすることで、IT資産も最新の状態にすることができます。

さらに読む:SeqriteEPSでサイバートラストのリーダーになる

PCIDSS、HIPAAのような業界標準では、企業をランク付けし、場所、いかなるハードウェアの動きや機密データを保持しているメディアを記録するものとして、アセットマネジメントが重要視されています。機密文書や情報収集のプロセスを支援し、コンプライアンスの維持、つまり追加費用の削減につなげることができるのです。 SeqriteEPSはこれらの拡張機能を提供し、ポリシー違反やブロックしたアプリなどユーザの詳細にわたるデータを補足しえるのです。

ボトムライン

正確にIT資産台帳なしでは、組織としてはチェックも承認もできるものではありません。ITアセットマネジメントは情報リスクを扱い、標準化要求を満たすように機能します。この投資は即回収できるようなものではありませんが、長い目で見て得になります、つまり、努力とお金をセーブし、組織のセキュリティレベルを自動的に底上げすることができるからです。

SeqriteEPSのように、マルチOSで、複雑なエンドポイントやデータ保護を統合したソリューションを使えば、組織は管理、コンプライアンス、効果、アカウンタビリティをクリアすることが可能です。またインタラプトされない、先進的な保護は危険なウェブサイトやフィッシング攻撃、脆弱性をアンチウィルス、不正侵入検知、その他の先進的なセキュリティ機能をで防御することができます。