ランサムウェア攻撃は、もしなにも対策をとっていなければ、企業活動を麻痺させます。ここ数年、ランサムウェアは企業が直面する最大の攻撃になりつつあります。この攻撃では、ハッカーは、企業データを人質にとり、データを解放することを条件に、身代金を要求します。身代金を支払わないと、すべてのデータを失うリスクもあるわけです。

Seqriteは、世界中で蔓延し続けるランサムウェア攻撃から顧客を守っています。定期アップデート(定義ファイル)のリリースや、ヒューリスティックスキャン(ふるまい検知システム)強化のほかに、Seqriteアンチマルウェア機能は、潜在的なランサムウェア攻撃からユーザを守るために、最近の高度化するランサムウェアにキャッチアップしています。

シグネチャーベース検知

ランサムウェアを含む多くのマルウェアは、メール経由で拡散します。この感染したメールや、添付ファイルは、巧妙に作成されているだけではなく、ユーザを「釣り上げ」ようと、メールタイトルもふるっています。メールスキャン機能は、保護の第一段階のひとつです。Sequriteのメールスキャン機能は、ゼロデイ攻撃に対応し、高い検知率でランサムウェアをブロックします。

IDS/IPS機能は、脆弱性エクスプロイトを検知し、防御するように、ネットワークトラフィックフローを検査する脅威防御です。最近のWannaCryランサムウェアのアウトブレイクにおいて、SeqriteのIDS/IPS機能は、ゼロデイで即座に検知、ブロックしています。アウトブレイク後数日で、48,000件以上の攻撃がブロックされ、ユーザの安全を確保することができています。

アンチウィルス機能は、潜在的な脅威からシステムをセキュアに保つ、リアルタイム保護を提供しています。

ふるまい検知

ふるまい検知システムとは、新しい、未知のマルウェアの脅威を取り除く手助けをするダイナミック、アドバンスドプロアクティブ防御のことです。アドバンスドDNAスキャンテクノロジーは、ゼロデイ攻撃を防御します。それは、システム上のアクティビティを監視し、もし、アプリケーションの停止や、ほかのプログラムの実行などによって、不審なアクティビティが発見された場合に、即座にアクションをとります。

注:ふるまい検知システムは、Windowsサーバプラットフォームをサポートしていません。

アンチランサムウェア機能

アンチランサムウェア機能は、ランサムウェアを検知/ブロックするために、特別に開発された、統合性の高い機能となります。この機能は、毎月企業(ホームユーザも同様)に達する何千というランサムウェアを検知し、ブロックすることができます。平均100万件のランサムウェアが、Quick Heal/Seqrite によって、2017年上半期だけでも、検知、ブロックされています。

スクリーンロッカー保護

この機能は、特にコンピュータのスクリーンをロックし、アクセス不能にするマルウェア/ランサムウェアの起動をブロックするものです。コンピュータが、この種のマルウェアによって感染した場合、Alt + Ctrl + Shift + Aキーを同時に押下することで、マルウェア起動をブロックし、コンピュータへのアクセスを解除することができます。

バックアップ&リストア

もし、ランサムウェア攻撃の場合に、データをセキュアにバックアップすることを知っていたら、重要なファイルへアクセス不能になることを心配する必要はありませんよね。はい、Seqriteは、バックアップとリストア機能をもっているので、安心です。バックアップ&リストア機能によって、Seqriteは、クライントの3.5テラバイトのデータを復旧することができています。Seqriteは、ITセキュリティをシンプルに、かつビジネスを最大化するお手伝いをいたします。