SMBはたいてい自身で企業データを管理しているものです。しかし、SMBは間違った方法で管理しているために、そのデータが危険にさらされているのです。最新の調査によると、世界的企業の78%は悪意のある社員や第三者によってデータ流出の被害にあっていると報告されています。これは、必要なスキルやナレッジ、応用力の欠如により、機密データの取り扱いに神経質になっているのです。

データセキュリティのリスク:危険性の列挙

データ流出はしばしば金銭的負担をしい、さらに復旧費用や顧客への返金などの負担が発生します。さらに、データの復旧は相当に難しく、これは見えないコストといえるかもしれません。最終的にセキュリティ事件は企業の信用を失墜させる結果となりえます。これらはデータ流出に関わる一般的な脅威であり、最新の脅威に至っては、SMBの事業を妨害し、倒産へと至らしめる結果ともなりえます。

さらに読む:2018年のサイバーセキュリティの大きな流れはなにか?

SMBでまさにデータ流出する瞬間にはそれなりの理由があります。

社員の過失

最終的に弱みになりうる最大の資産はなにかを考えるときがきました。現代、アクセス性、モビリティ性は企業の欲するところですが、それらはしばしば企業にとって最大の弱点になりえます。リポートによれば最低でも77%の社員はシステムをシャットダウンすることを忘れるがために、ハッカーはやすやすとこの無人のマシンを乗っ取れるのです。この不十分な認識のために、SMBの社員はしばしば機密データに間違ってアクセスできてしまいます。パスワードを頻繁に変更するか、フィッシングサイトにいかないとか、悪意ある第三者やサイバー犯罪にあわないためには、より高い意識付けが必要です。

防御技術の欠如

SMBの大多数は、データ保護のために最高のセキュリティ技術を導入できていません。予算をとれない、脅威に対する総合的な見識の欠如により、SMBによるセキュリティの予算化は、後回しになっています。望ましいツールを特定し、データ流出防御を実施することで、脅威を排除することができます。SMBの65%は時代にマッチしていないシステムを使い、そのうち64%のSMBはハッカーからの攻撃に対処するために、早急にシステムの刷新が必要です。さらにセキュリティレベルを上げるために企業は、システムの内と外を見直す必要があります。

社員のモバイル端末を拡大すること

モバイル端末を強調することは、SMBにも共通して言えることです。BYODとそれに似た戦略は、企業の柔軟性を発揮するのに必須であります。しかし、モバイルの拡大化は金額の問題に直面します。SMB社員の56%はモバイルに機密データを入れ、データセキュリティのリスクは、最近急速に高まってきています。

データのバックアップの欠如

レポートは最低でもSMBの62%が日常的に現在のデータのバックアップを実行していない、と報告しています。さらに、自動バックをしていないのです。多くの場合、リソースと予算不足のため、バックアッププロセスに支障をきたしています。

セキュリティポリシーに強制力がない

大企業は顧客情報を守るためにデータセキュリティポリシーの強化に進んでいます。データセキュリティポリシーに強制力がないため、多くのSMBはデータ流出の継続的なリスクに直面しています。80%のSMBは個々の社員をモニタリングし、管理っしたいと思っていますが、たった47%だけが実際にポリシーを用意し、社員を教育できているだけなのです。

Seqriteは様々な企業サイズ、業種に対して、高度なセキュリティソリューションを用意しています。SeqriteEPSはSMBにも最適で、データや資産を完全に防御します。EPSは多層防御の観点で、フィッシング攻撃、ランサムウェア、たのマルウェア脅威をシャットアウトします。EPSによってデータセキュリティのリスクを最小化し、脆弱なセキュリティホールも埋めることができます。